カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリーで選ぶ
こだわりで選ぶ
コンテンツ
  • ホーム
  • シングルオリジンの日本茶

シングルオリジンの日本茶

お茶の選び方

シングルオリジンとは?

日本茶は農作物なので、その年の天候などにより毎年内容が変わります。消費者は毎年同じ内容・価格をお求めなので、産地問屋が販売する地域のお好みに合わせ、毎年同じ内容・価格のお茶ができるように、相性の良いお茶を探し産地・製法の違うお茶を合組(ブレンド)し、提供しています。

品種は日本の生産量の75%を占める「やぶきた」がほとんどで、土地、作り手の個性や特徴が強く出ることは合組(ブレンド)し難い要素と捉える傾向がありました。

しかし、近年、日本茶もコーヒーのようにシングルオリジンの味や香りなどの違いを楽しむことが普及し始めました。シングルオリジンは単一品種・単一農家という意味ですが、生産者や畑、品種や製法によって、バリエーション豊かな日本茶の個性を楽しむことができます。

同じ品種のものでも産地によって味や香りが異なる

同じ品種のものでも産地によって味や香りが異なる

やぶきた種で作った日本茶でも産地や製法によって味や色・香りが異なります。例えば、「牧の原」は、普通の煎茶の2〜3倍長く蒸気で蒸した深蒸し茶で、まろやかでしっかりとした旨みとコクがあり、「天竜」は山茶特有の強い香りときりっとした渋みがあります。

同じ品種でどちらも静岡県で作られたお茶ですが、飲み比べるとはっきりと味や香りの違いがわかります。

好みの味や香りを見つける楽しみ方

好みの味や香りを見つける楽しみ方

当店では単一農家ではないけれど、産地・品種が同じである日本茶を「ストレートティー」と呼んでいます。
シングルオリジンは単一の農家さんが生産している単一品種のお茶ですが、ストレートティーは同じ産地の複数の農家さんが生産している単一品種のお茶になります。

当店では、その2つの大きな違いとして「ごく限られた農家(単一農家)しか生産していない」かどうかで考えています。

シングルオリジン、ストレートティーのほかに「ブレンド」があります。当店のブレンドは、あらゆる産地・製法のお茶からその目的に合った茶葉を厳選し、絶妙なバランスでブレンドしてあります。

シングルオリジン、ストレートティー、ブレンドそれぞれ味や香り、色の違いがあり、その違いを楽しみながら自分好みのお茶と出会う喜び、気分や目的に合わせる楽しみがあります。

和菓子をいただきながら、ゆっくりとお茶を味わう

そんなゆったりとした時間と空間を、お茶は提供してくれます。