カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリーで選ぶ
こだわりで選ぶ
コンテンツ

美味しいお茶の淹れ方

美味しいお茶の淹れ方

茶空間風おいしいお茶の淹れ方をご紹介します。
お茶の種類により時間・温度が変わります。そのため茶空間では適性温度・蒸らし時間を袋に表示してあります。

用意するもの

急須

急須

しっかりとしまったお茶ほど、急須の中で茶葉が開くためのスペースが必要となります。
茶葉が開く構造の急須に変えるだけで、味がぐんと変わるのです。
急須選びのポイントは、優れた保温性、安定したフィット感、丈夫なつくり。もちろん「蓋と胴体がぴったりと重なること」、水切りがしっかりできることも前提条件です。

急須の種類

湯ざまし

湯ざまし

こだわり派のあなたに、ぜひおすすめしたいアイテムです。

お湯を冷ますだけならコーヒーカップでも代用はききますが、口の広い湯冷ましは”手早く美しく”冷ますことができます。

一つ持っているだけで、今まで面倒だった「冷ます作業」がグンと楽になるはずです。
上級煎茶・玉露などに向いています。

湯呑み

湯呑み

お気に入りの湯飲みで飲むお茶は格別ですよね。

一般に陶器は厚手に加工されています。熱しにくく冷めにくいので保温性がよいのが特徴です。
手に持ったときのぬくもりと味わいがあります。熱湯で入れる焙じ茶や番茶は、香りを楽しめるような筒型のお湯呑みが向いています。

一方、磁器は薄手に加工されています。口に当てたときに舌先に感覚を集中させることができます。冷まして淹れる上級煎茶や玉露に向いています。お茶の色を楽しむためには、内側が白いものがよいでしょう。

煎茶〜浅蒸しの場合(1人用)

最初に残り香を取り急須を暖めるため熱湯を注ぎ湯を捨てます。
計量スプーン(大)にかるく1杯の茶葉(約5〜6g)を急須に入れます。
美味しい煎茶の淹れ方
別に用意した湯ざましに1/2ほど(約120cc)沸かしたてのお湯を注ぎます。
美味しい煎茶の淹れ方
湯気がやさしくなるのを待ち、ちょうどよい湯加減になったらお湯を急須に注ぎます。
美味しい煎茶の淹れ方
60秒ほど待ったら、温めた湯のみに1/3ほどお茶を注ぎます。
美味しい煎茶の淹れ方
次に茶葉どうしが当たらないように、急須を大きく時計回りに3回まわし1/3注ぎ、もう一度急須を3回まわしてから残り1/3を注ぎます。
美味しい煎茶の淹れ方
最後の一滴までしっかり注ぎきります。これで、おいしい煎茶が入りました!
美味しい煎茶の淹れ方

玉露の場合(1人用)

最初に残り香を取り急須を暖めるため熱湯を注ぎ湯を捨てます。計量スプーン(大)にかるく1杯の茶葉(約4〜5g)を急須に入れます。
美味しい玉露の淹れ方
湯ざましで適温にしたお湯(45〜55℃)を、茶葉がひたひたにかぶるくらいまで(約20cc)注ぎ入れます。
コツ:急須の中に茶葉を山盛りにし、まわりにお湯を注ぐようにすると茶葉が浮きません!
美味しい玉露の淹れ方
茶葉が水分をすってほどよくひろがるのを待ちます。
美味しい玉露の淹れ方
淵にある水面が見えなくなるまで(90秒ほど)待ったら、温めた湯のみにゆっくりお茶を注ぎます。
美味しい玉露の淹れ方
ポトポトと20滴くらいが適量です。一口含みお口の中一杯に広がる余韻をお楽しみください。
2煎目から湯温を5℃づつ上げ、20秒ほどで注いでください。この淹れ方で6煎ほど味の変化が楽しめます。
美味しい玉露の淹れ方